高齢者の大半がなっていまう変形性ひざ関節症とは

年齢を重ねてくると、ひざの関節軟骨が色々な原因で擦り減り、軟骨部分がなくなってきます。

そうすると多くの場合、ひざがO脚に変形してきます。

また、軟骨がなくなってくると関節の表面での摩擦が増え、磨耗物質が生じ、それが刺激となって関節に炎症が生じて痛みを感じるようになります。

中高年のひざの痛みの大半がこれにあたります。

以下が変形性ひざ関節症になりやすい年齢をグラフ化したものです。
関節症の分布図

 

男性よりも女性のほうが変形性ひざ関節症になりやすいのがお分かりいただけると思います。

●変形性ひざ関節症になりやすい要因

・年齢50歳以上(筋肉の老化)
・女性
・肥満
・体質
・O脚
・長年スポーツを続けている
・姿勢が悪い(骨格の歪み)
・ひざ関節付近に外傷の経験

例えば、体重90kgの場合、歩行時にひざにかかる負担はなんと1tに及びます。

これだけのチカラを吸収するショックアブソーバーがひざの軟骨部分なのです。

大切なヒザ軟骨のために開発されたのが、コンドロイチンをはじめ、ヒザ・腰のための軟骨成分をギュッと凝縮した「滑潤MSM PLUS」です。

いつまでも元気でいたい方に「滑潤MSM PLUS」をオススメします!

「滑潤MSM PLUS」の詳細は → 
 
 
 
 

PAGETOP