足腰の老化と変形性ひざ関節症

21世紀になり、益々医学も進歩しています。

それに伴い、わが国では平均寿命が大幅に伸び、やがて4人に1人が65歳以上という高齢化社会を迎えようとしています。

医療機関では高齢者で溢れ、家庭では「寝たきり」の方がたくさんいらっしゃいます。

最近の医学は「死なない程度に生かす」ことが可能な医学になってきていますが、運動機能は衰え、足腰が老化し、生活をエンジョイできなくなってきている高齢者が増加しています。

変形性ひざ関節症とリウマチ

主な関節炎の種類と症状です。

●変形性関節症
痛み、こわばり、腫れ

●リウマチ性関節炎
関節の痛み、腫れ、こわばり

●痛風
激しい痛み、関節部分の腫れ、発熱

●若年性関節炎
発熱、発疹、内臓疾患

●全身性エリテマト-デス
心臓、循環器系、腎臓などの障害

●強直性脊髄炎
背骨が曲がらなくなる

関節疾患で最も多いのが変形性膝関節症で50%以上を占めます。

とくに中高年の変形性ひざ関節症による悩みを訴える人が大変多くなってきています。

なるべく日頃の食生活や運動療法により、ひざの痛みを克服して積極的な中高年の第二の人生をエンジョイするようになっていただきたいと思っています。

いつまでも元気でいたい方にオススメなのが「滑潤MSM PLUS」です。

「滑潤MSM PLUS」の詳細は → 
 
 
 
 

PAGETOP