変形性膝関節症とコラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種で、体内コラーゲンの約20%が骨や軟骨にあります。

コラーゲンは、ヒザ関節にとってそれだけ大切な成分です。

コラーゲンの持つ弾力性が、ちょうど車のショックアブソーバーのように、関節にかかる衝撃を吸収します。

年齢を重ねると、コラーゲンはだんだんと減少してきます。

これが関節痛の原因の一つになります。

コラーゲンは「変性」と「非変性」の2タイプに分かれます。

「変性タイプのコラーゲン」は、摂取すると体内でアミノ酸に分解され、皮膚や内臓に利用されてしまうため、関節だけに効果が出ることありません。

これに対し「非変性タイプのコラーゲン」は、アミノ酸に分解されることがなく、高分子のまま小腸に届きます。

免疫細胞が関節にある軟骨のコラーゲンを攻撃して関節炎を発症します。

そのとき「非変性タイプのコラーゲン」を摂取すると、腸から吸収されます。

すると、免疫細胞が非変性Ⅱ型コラーゲンは栄養成分であると認識し、関節の軟骨に対する攻撃をやめ関節炎が緩和されることがわかっています。

滑潤MSMPLUSには従来の成分に加えて、今話題の成分「非変性Ⅱ型コラーゲン」を配合しました。

これが「滑潤MSM PLUS」が薬局・薬店で大人気の秘密なのです。

ぜひ、その効果を一度お試しください。

薬局・薬店で大人気の「滑潤MSM PLUS」の詳細は → 
 
 
 
 

PAGETOP