変形性膝関節症とヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、膝関節の軟骨や関節液に含まれる成分です。

ヒアルロン酸は、1gで6000mlの水分を保持できると言われており、その保湿性から多くの化粧品にも配合されています。

このヒアルロン酸は、皮膚や筋肉、軟骨を構成する主成分になっています。

粘性が高く、ネバネバしており、自動車のオイルのような働きもしています。

関節を曲げたり圧迫すると、ヒアルロン酸は関節軟骨の間で圧縮されます。

ヒアルロン酸が圧縮されると、関節面が直接接触しないように押し広げる働きをします。

このようにしてヒアルロン酸は、関節軟骨が摩擦で擦り減るのを防いでくれます。

でも年齢を重ねると、このヒアルロン酸が不足してきます。

すると関節液の濃度が低くなり、粘り気や弾力性が減ってしまいます。

変形性膝関節症になると、炎症により関節液が増えるので、ヒアルロン酸の濃度はさらに薄くなります。

最近では、直接膝ににヒアルロン酸を注射して、関節液の粘り気や弾力性を回復させる治療が施されています。

この方法での効果は一時的なもので、長期間は続きません。

 

「滑潤MSM PLUS」は、ヒアルロン酸を含め7つの成分で、ヒザ関節を元気にします。

『滑潤MSM PLUS』は薬局・薬店で販売され、変形性膝関節症やリウマチでお悩みのたくさんのお客様から

「よくなった」

「歩けるようになった」

「山登りができた」

と、ご好評をいただいている商品です。

ぜひ、その効果を一度お試しください。

薬局・薬店で大人気の「滑潤MSM PLUS」の詳細は → 
 
 
 
 

PAGETOP