米国で大人気のMSM

MSMは、天然栄養成分で、カラダに必要不可欠な高純度の有機イオウ化合物です。

■MSMの歴史

MSMの研究は1955年に始まりました。

先ず馬に使われ、その効果が認識された後に、約20年前から人間にも使われ始めました。

米国オレゴン州ポ-トランドにあるオレゴン保健化学クリニック(Oregon Health Sciences Clinic)で患者に使用されたのが始まりです。

その後MSMの持つ強力な効力と代替医療に対する一般の関心の高まりとが相まって、MSMの人気も高まってきました。

現在、MSMは痛みの治療で主に使われている非ステロイド系抗炎症薬と共に、あるいはその代替物質として使われています。

米国だけでも、約350万人がMSMを使用しています。

米国のオレゴン保健科大学では、過去12,000人の患者がMSMで治療されました。

患者は常に1日2g以上のMSMを摂取しましたが、有害な副作用は発生していません。

あえていえば、その毒性は飲料水と同程度と言えましょう。

 

■MSMの安全性

MSMはビタミンCやBと同じく水溶性なので、体内から12時間以内に排出されます。

日頃から便の柔らかい人、胃腸の弱い人は、腸の働きが促進されるため下痢を経験するかもしれません。

組織や細胞内に閉じ込められていた毒性の老廃物が血液中に排出されるため、始めのうちは頭痛や麻疹のような症状がでる、いわゆるヒ-リング・クライシスを経験する人もいます。

その時はいったん使用を停止し、体調が回復してから、再開してください。
少量から体を慣らす必要があります。

MSMの著名な研究家であり医学博士のDr.Stanley W jacobが、自ら1日30gのMSMを20年間に亘り摂取し続け、副作用のない事を確認しました。

グルコサミン・サルフェイトやコンドロイチン・サルフェイトと比較すると、MSMの分子は大変小さく水溶性で、細胞内に利用されやすい特性を持っています。

細胞内の有害物質を速く排出し、栄養素の取り入れを容易にするので、諸症状の改善が速く即効力があります。

MSMは関節痛・関節炎・筋肉痛・スポ-ツ障害などの緩和及び軽減に即効力がありますからサプリメントや外用製剤として人体に使われています。

ヒザ・腰の痛みでお悩みの方に「滑潤MSM PLUS」をオススメします!

「滑潤MSM PLUS」の詳細は →
 
 
 
 

PAGETOP