ひざ関節に効果的な「MSM」ってなあに?

最近、膝に良い成分として注目されているMSM。

MSMとは、メチルサルフォニルメタン(Methyl Sulfonyl Methane)のことです。

MSMは、殆どすべての生体内(人体・動物・植物)に自然に存在するものです。

MSMは、天然栄養成分で、生体に必要不可欠な高純度の有機イオウ化合物なのです。

MSM及びその化合物は、全ての生物の有機体に見られるイオウの85%の元になります。

自然の食品に多く含まれ、人間の体内でも常にMSMは作られていますが、年齢と共に少なくなっています。

ヒザ・腰の痛みでお悩みの方に「滑潤MSM PLUS」

例えば、MSMは成人男子の循環システムに約0.2ppm存在します。

通常、成人は4mgから11mgのMSMを尿として排出しています。

MSMは体内で分離され、そのイオウは健康に必要な新化合物となります。

自然に生成されるMSMのサイクルは海洋からはじまります。

海でプランクトンがイオウ化合物を放出します。これらは、海水中で極めて揮発性の高いDMS(デイメチル・サルファイド)に変化します。

DMSは、ガスとして海水から放出され、大気中のオゾンと高エネルギ-紫外光により酸化(光化学酸化)され、MSMに転換されます。

DMSと異なり、MSMは非常に水に溶けやすく、雨となって地表に戻ってきます。

地球上の植物は根からMSMを速やかに吸収し、百倍にも濃縮します。

MSMとそこに含まれるイオウは植物の構成の中に組み込まれています。

植物の代謝作用や食物連鎖によってMSMは、他のイオウ化合物と一緒にミネラルとなって再び海に運ばれ、このサイクルが繰り返されます。

人体の中では、MSMは全ての組織に含まれていますが、特に関節、軟骨などの組織に多く含まれます。

健康なヒザ関節のためには欠かせない成分なのです。

ヒザ・腰の痛みでお悩みの方には、MSM配合の「滑潤MSM PLUS」をオススメします!

「滑潤MSM PLUS」の詳細は →
 
 
 
 

PAGETOP