ひざ関節のしくみと変形性ひざ関節症

健康なヒザ関節は、次のようになっています。

健康なひざ関節のしくみ

●軟 骨
骨の先端を覆い、動作によって生じる衝撃を吸収する。関節を動かす時、骨は軟骨の滑らかな表面を滑るように動く。

●関節液
軟骨を潤して、滑らかにする(滑液)。

●滑 膜
関節包の内側の膜。滑液を分泌する。

●関節包
関節を包み込むように骨と骨とをしっかり固定している丈夫な膜。

健康なひざ関節も、加齢とともに軟骨が磨り減ったりすると、「変形性ひざ関節症」になります。

初期の変形性ひざ関節症

初期の変形性ひざ関節症
●ひざの違和感
朝起きたときにこわばりがある。時々、きしむような鈍痛がある

●ひざの内側に痛み
階段の上り下り、歩き始め(2,3歩)、立ち上がるときなどに痛むがしばらくすると痛みは消える

●X線写真では異常が見つからないことが多い

中期~後期の変形性ひざ関節症

中期~後期の変形性ひざ関節症

●腫れ、熱っぽい、圧痛(押すと痛い)

●骨がこすれる感じがする(関節がゴリゴリと鳴る)

●伸ばせない、曲がらない

●水がたまる

●関節の変形

●じっとしていても痛む(後期)

いつまでも元気でいたい方に「滑潤MSM PLUS」をオススメします!

「滑潤MSM PLUS」の詳細は →
 
 
 
 

PAGETOP